お客様対応の場面でのCSプラスです。

お客様の反応が良い状況ではない場面では、お客様の心の中にある「でも」という否定したくなる理由をそれとなく払拭、浄化しておくことが必要です。そのためには、「~だと、私どもの配慮が至らず、申し訳ございません」というように、「こちらの話を理解できないのはもっともだ」というように心の奥の共感をしてあげるとよいでしょう。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。