お客様対応の場面でのCSプラスです。

目配りができるサービス担当者は、隅々までに「気づき」のアンテナを立てています。ですが、目配り表情は、「怖さ」「神経質な表情」が目立ってしまうと、お客様は息苦しく感じます。「抜け漏れのないチェック」をしていることが伝わる表情でありながらも、余裕があることが大切です。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。