お客様対応の場面でのCSプラスです。

お客様の言葉や表情、話し方から、「何か問題がある」と気づいたら「急いでいるのか」「怒っているのか」を正しく判断することが必要です。その次に、その問題を「お聞かせいただきたい」と切り出しましょう。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。