お客様対応の場面でのCSプラスです。

気づきをどのように育てるのか、という答えは1つです。相手、お客様の要望や態度に好奇心をもって「知りたい」と思ってみることです。そのうちにその感覚は自分事化していきます。この一瞬の感情の動きが「もし、よろしければ、もう少しお話をお聞かせいただけませんでしょうか」という会話になります。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。