お客様対応の場面でのCSプラスです。

「~ということですよね・・・・。承知しました。では、またご連絡いたします」というクロージングでは、「承知しました」がどの言葉、どのような内容にかかるのかが不明です。明確な結論が出せないときには、「~についてはご要望を承りました。~については、再度、検討して〇日までにご回答をご連絡いたします」というように分けて伝えると「曖昧さ」が払拭できます。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。