お客様対応の場面でのCSプラスです。
お客様の要望や意向の中に「お客様のメリットにはならない」と感じたときには、強く他の方法を提案することは理解を得ることにつながりません。お客様の意向に沿いながら、サポートを申し出るようにします。その中で、「他の方法だと、こんなに簡単」という情報をさりげなく提供することがよいでしょう。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。