お客様対応の場面でのCSプラスです。

「~でお電話をいたしました」と架電目的を伝えることは大事です。ですが、その言い方が「自分目線」だと、「~をご案内したくお電話いたしました」で終わってしまいます。「〇〇様には、××がおありだと伺っておりましたので、~をご案内したくお電話いたしました」と伝えると、ビジネスとして成立します。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。