お客様対応の場面でのCSプラスです。

自社都合を堂々と「できないこと」の理由にするのは危険なことです。少なくとも、その理由を言い添えることくらいはしておきたいところです。「お客様のご要望が地域によって異なりますので、店舗ごとに仕入れに違いがございます」くらいの説明が必要です。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。