お客様対応の場面でのCSプラスです。

マニュアルとおりに話していると、無意識に「話しているだけ」の状態になります。結局は「なんだか早口で急いでいるだけだ」と思われて終わります。人の脳に響かない会話は、何の成果も生み出しません。CSプラスです!

 CSプラスは、心得ておくと「お客様目線」がビビッと稼働する「心得エッセンス」です。
満足度を高めるために必要なCSコミュニケーションの技術を様々な事例で「CSプラス」としてご紹介していきます。